image


AGE of CRAFT~大建築時代~
エイジオブクラフト~大建築時代~

デザイナー:北条 投了(芸無工房)
人数:2~4人
プレイ時間:40~60分
メカニクス:ダイスロール
      拡大再生産
ルール読解:簡単
インスト10分程度
言語依存:あり(国産ゲームなので問題なし)

概要
関西を拠点に良質なゲームを製作し続ける「チキンダイスゲームズ」が2014年に発表した。「ダイスロール」後に、それらを「ドラフト」し、出目に応じてサプライ「購入」。サプライの効果によって「拡大再生産」が進む。他プレイヤーと「交渉」し、ダイス1つで複数のダイスが手に入ることもあるが、持ちすぎると、「バースト」することもある。
これらの要素が良いバランスで、サプライも効果を組み合わせることで相乗効果が出たりと非常に楽しい。トップと差がついているほど効果が高まる切り札も存在し、最終的に「いい勝負」で終わることが多い。「もうちょっとだった」感や、サプライの種類が豊富なことによりリプレイ性が高い。説明書に指針や初プレイ時のオススメサプライも記されており、ゲーム時間も冗長になりすぎないバランスなので、人に紹介しやすいゲームと言える。

ゲームの終わりと勝敗
サプライには点数が付いており、誰か一人のプレイヤーの点数が20点以上になったとき、もしくはサプライの大商館のカードが全て無くなった時点でゲーム終了となり、合計点の最も多いプレイヤーが勝者となる。

ルール
基本サプライ6種と、ランダムサプライから7種を選び、計13種類のサプライを用意する。初期サプライとダイス3個を受け取り、そのダイスを振る。最も大きい出目のプレイヤーから手番を始める。3個のダイスは出目を変えること無く、自分のダイス置き場に置き、初期資源とする。ダイスの交換を行い、全員が行ったらゲーム開始。手番が来たらストックから3個のダイスを受け取り振る。それらをダイストレイに置く。各プレイヤーは手持ちのダイス個数が、ダイストレイの出目の合計を上回ってしまうとバーストとなり、ペナルティを受ける。その後ダイストレイのダイスを順番に1つずつ受け取る。トレイにダイスが無くなったら手番プレイヤーは、サプライの購入を行える。必要な出目のダイスをコストとして支払い、サプライを受け取り手番が移る。これを繰り返し、得点を増やしていく。