今回は開催日2日前に募集という強行日程で開催いたしました。

まずは二人でローゼンケーニッヒ

そしてゲームマーケットでの戦利品アートオブウォー

image

海底探検で帰ってこれないことに気付き、タイルを4枚かかえながら酸素不足で共倒れを狙う人の図

image

合間合間にゲームマーケットの話とか自作ゲームの話とかしながら、だらだらとすごします。

image
画像は自作ゲーム制作時のもの

そしてくだものあつめリスペクトで考えたオリジナルゲーム、オジャマンカラを試遊してもらいました。

オジャマンカラはくだものあつめの個人ボードと種が増える要素を残しつつ、マンカラでより他人との対戦がしやすく、かつ買い物要素を省いたため、アブストラクト色をマンカラに寄せなおし、ルールを簡単にしたものです。

くだものあつめでいうところのおうちカードであるストアにピッタリコマを落とせた場合、もう一手番+相手の個人ボードのコマが乗っている箇所の中から、一番コマ数の少ない所にコマが増えます。

これをくりかえして、ストア以外にコマがなくなったプレイヤーの勝利です。

はじめは1-3個と増えるコマ数を変化させてやっていました。
image
画像のトランプに対応した数増える仕組み

しかしコマが3個増えると単純に3手番勝利から遠のく可能性があり、なかなかゲームが終わらない。

マンカラに寄せ直すにはもっとシンプルな形が良いということで、増えるコマは常に1個となりました。


このオジャマンカラのテストプレイでかなり時間を使ってしまい、23時を過ぎてしまいました。アナログゲームタイムが終了し、デジタルゲームタイムへ移行します。

いたストを回しました。
今回集まったメンバーはいたスト、カルドセプトで集まるようになり、そこからボードゲームに入っていったひとたち。

某アグリコラ理論を出している所風にすると、
いたストカルドセプトボドゲ部なわけです。

夜中までやって翌日の朝解散しまして終了ということになりました。

以上、簡単ではありますが第一回の報告でした。

次回からはしっかり準備していければと思っております。

どうぞよろしくお願いします。