image


Asara
アサラ

デザイナー:ヴォルフガング・クラマー
      ミヒャエル・キースリング
人数:2-4人
プレイ時間:90分
メカニクス:ワーカープレイスメント
ルール読解:普通
インスト15分程度
言語依存:なし

概要
ワーカープレイスメントをはじめ、色々なシステムを上手くかみ合わせた塔作りゲーム。「放課後さいころ倶楽部」作者中道氏が一番のお気に入りに選んだ。塔の得点方法はマンハッタンに似ており、こっちも立体を作るのかと思いきや、平面のタイルで塔作り。
バランスがよくとれたシステムで、長すぎず短すぎずのプレイ時間、ボードゲーム初心者から「大箱のちょっと長めのゲームやってみたい」くらいまで来たときにおススメしたいゲーム。なおプレイヤーは金持ちの建築王という設定で名前までついている。金持ちだから何もしてなくても毎年(毎ターン)20金もらえる。で、ばんばん使いきる。俺も働かず定期収入欲しいと思わせるゲームの一つ。

ゲームの終わりと勝敗
4年間(4ターン)の行動と決算を全員が終えるとゲーム終了。最終決算を行い、最も点数の高い人間が勝利となる。

ルール
ボードにはそれぞれのエリア毎に塔の先端や土台といったパーツ購入アクションのエリアや、資金獲得アクションを行うエリアが用意されている。プレイヤーはプレイ人数に応じた買い手カードを受け取る。自分の手番が来たら、行いたいアクションエリアの買い手置き場に自分の手札から買い手を送り込む。この時、そのエリアの始めの1枚には何も制限がかからないが、2枚目以降は原則1枚目と同じ色の買い手しか置けなくなる。(買い手は5色ある)同じ色で無くても出すには2枚の買い手を送り込まなければならず、手数を少なくしてしまう。買い手を送り込んだらそのエリアに対応したアクションを行い、手番終了。これを繰り返していき、全てのプレイヤーが全ての買い手カードを送り込んだら1年が終了し、決算を行う。ゲーム終了までこれを4年分繰り返す。その後最終決算を行う。毎年の決算では塔の数や装飾品の有無で点数に、最終決算では5色ある塔について、それぞれの色でより高い塔、色は関係なく最も高い塔等に点数が与えられる。

image


FABRIK DER TRAUME (HOLLYWOOD)

ドリームファクトリー(ハリウッド)

 

デザイナー:ライナー・クニツィア

 

人数:2-5人

プレイ時間:90分

メカニクス:オークション

 

ルール読解:普通

インスト15分程度

言語依存:無し(映画タイトル等が分かれば楽しい)

概要
実在の映画やスタッフをテーマにしたゲームで、あの名作をあのキャストで作り直そう!というもの。タイトルはハリウッドだったりハリウッドブロックバスターだったりドリームファクトリーだったり色々変わり、内容も映画等が変わっていたりする。しかしいずれも手に入りにくい。「アクアステップアップ」にて主人公が欲しがっていたのも納得。
なお作者クニツィアも-1点の大根スターとしてゲーム内に登場する。

ゲームの終わりと勝敗
8つのラウンドを1クールとして4クールを行い、その後映画祭の賞を分配する。完成した作品の点数、獲得した賞の点数、手元に残った契約書の枚数を合計し、最も合計点の高い人が勝利。

ルール
映画スタッフを落札し、映画の完成を目指す。落札はお金でなく契約書を使用。一人12枚(5人プレイ時は10枚)契約書と各ジャンル1つずつ、計3つの初期台本を持ちスタート。
最初の建物マスには名映画監督が1枚、他の建物マスには書いてある数字分のチップがランダムに表向きで、パーティマスには人数分のチップが裏向きでランダムに配置される。
建物マスではそれぞれそこにあるチップを契約書何枚で欲しいかを提示します。パスした場合は脱落し、1人を残して脱落すると提示した契約書を場中央に支払い、チップを全て取る。取ったチップはその場で自分の台本の対応する部分に置く。上書きも可能。置きたくない場合は破棄し、キープはできない。中央に支払われた契約書は他のメンバーで山分けし、余りはそのまま残して次のラウンドの分配時に加える。
パーティマスまで進んだら、そこにあるチップを裏返して1人1枚ずつ取ります。取る順番は持っている台本上の役者、スターの枚数が多い順。
台本のスペースを埋めると完成し、そこに書かれた星の数が映画の点数となる。クール毎に賞の発表があり、優秀な映画が表彰される。4クール終わって最も点を取った人の勝利。

image
 

THE ASLAND

アイランド(旧タイトル サバイブ)

 

デザイナー:ジュリアン・コートランドスミス

 

人数:2-4人

プレイ時間:60分

メカニクス:アクションポイント制

 

ルール読解:普通

インスト10分程度

言語依存:なし

概要

1982年に「サバイブ!」の名前で発売された脱出ゲームのリメイク。「サバイブ!」は木製コマだったがプラ製になっており、応用ルール及び、イルカコマが無くなった。

しかし「サバイブ!」拡張等を混ぜて遊ぶことも可能。内容としては、沈みゆく島からサメ等の危険生物がうようよいる海を渡り脱出しようというパニック映画的なもの。その死屍累々なプレイ風景は、マンガ「放課後さいころ倶楽部」でも描かれている。

ゲームの終わりと勝敗

山岳タイルの内の1枚に火山タイルがあり、それがめくられた瞬間即座にゲーム終了。脱出できたコマの点数を公開し、その合計が最も高かったプレイヤーが勝者になる。

ルール

沈みゆく島から自分の受け持つ島民を、安全な陸地へと脱出させることが目的です。

始めにプレイヤーはひとりずつ島民を配置していきます。この島民、一見すると同じですが、コマの底には1~6点の点数が書かれており、脱出した時の点数が違ってきます。平等平等といいながら、人の価値には高い低いがあるという、非情なゲーム・・・。

全てのコマを配置したら準備完了。手番が来たら3歩行動します。島には船が隣接しており、この船に3人まで乗ることが出来ます。基本的にはこの船を使って脱出しますが、泳いで海を渡る猛者も出てきます。なお泳ぐと1ターンに1歩しか進めなくなります。

次に島が沈みます。標高の低い順に平地、森林、山岳のタイルがあるので、低い場所から先にタイルを取り除いてください。このタイルの裏面には様々な効果が書かれており、即時サメが発生したり、自分の手番の最初にイルカの助けを得られたりします。この効果によってだんだん海の脅威が増えていきます。

そしてダイスを振り、出た生物を移動させます。サメは同じマスの人を食べます。クジラは同じマスの船を壊します。海竜はサメとクジラ2つの効果を併せ持ちます。

これを繰り返し、火山タイルがめくられるとゲーム終了です。

↑このページのトップヘ