image


FABRIK DER TRAUME (HOLLYWOOD)

ドリームファクトリー(ハリウッド)

 

デザイナー:ライナー・クニツィア

 

人数:2-5人

プレイ時間:90分

メカニクス:オークション

 

ルール読解:普通

インスト15分程度

言語依存:無し(映画タイトル等が分かれば楽しい)

概要
実在の映画やスタッフをテーマにしたゲームで、あの名作をあのキャストで作り直そう!というもの。タイトルはハリウッドだったりハリウッドブロックバスターだったりドリームファクトリーだったり色々変わり、内容も映画等が変わっていたりする。しかしいずれも手に入りにくい。「アクアステップアップ」にて主人公が欲しがっていたのも納得。
なお作者クニツィアも-1点の大根スターとしてゲーム内に登場する。

ゲームの終わりと勝敗
8つのラウンドを1クールとして4クールを行い、その後映画祭の賞を分配する。完成した作品の点数、獲得した賞の点数、手元に残った契約書の枚数を合計し、最も合計点の高い人が勝利。

ルール
映画スタッフを落札し、映画の完成を目指す。落札はお金でなく契約書を使用。一人12枚(5人プレイ時は10枚)契約書と各ジャンル1つずつ、計3つの初期台本を持ちスタート。
最初の建物マスには名映画監督が1枚、他の建物マスには書いてある数字分のチップがランダムに表向きで、パーティマスには人数分のチップが裏向きでランダムに配置される。
建物マスではそれぞれそこにあるチップを契約書何枚で欲しいかを提示します。パスした場合は脱落し、1人を残して脱落すると提示した契約書を場中央に支払い、チップを全て取る。取ったチップはその場で自分の台本の対応する部分に置く。上書きも可能。置きたくない場合は破棄し、キープはできない。中央に支払われた契約書は他のメンバーで山分けし、余りはそのまま残して次のラウンドの分配時に加える。
パーティマスまで進んだら、そこにあるチップを裏返して1人1枚ずつ取ります。取る順番は持っている台本上の役者、スターの枚数が多い順。
台本のスペースを埋めると完成し、そこに書かれた星の数が映画の点数となる。クール毎に賞の発表があり、優秀な映画が表彰される。4クール終わって最も点を取った人の勝利。

image
 

THE ASLAND

アイランド(旧タイトル サバイブ)

 

デザイナー:ジュリアン・コートランドスミス

 

人数:2-4人

プレイ時間:60分

メカニクス:アクションポイント制

 

ルール読解:普通

インスト10分程度

言語依存:なし

概要

1982年に「サバイブ!」の名前で発売された脱出ゲームのリメイク。「サバイブ!」は木製コマだったがプラ製になっており、応用ルール及び、イルカコマが無くなった。

しかし「サバイブ!」拡張等を混ぜて遊ぶことも可能。内容としては、沈みゆく島からサメ等の危険生物がうようよいる海を渡り脱出しようというパニック映画的なもの。その死屍累々なプレイ風景は、マンガ「放課後さいころ倶楽部」でも描かれている。

ゲームの終わりと勝敗

山岳タイルの内の1枚に火山タイルがあり、それがめくられた瞬間即座にゲーム終了。脱出できたコマの点数を公開し、その合計が最も高かったプレイヤーが勝者になる。

ルール

沈みゆく島から自分の受け持つ島民を、安全な陸地へと脱出させることが目的です。

始めにプレイヤーはひとりずつ島民を配置していきます。この島民、一見すると同じですが、コマの底には1~6点の点数が書かれており、脱出した時の点数が違ってきます。平等平等といいながら、人の価値には高い低いがあるという、非情なゲーム・・・。

全てのコマを配置したら準備完了。手番が来たら3歩行動します。島には船が隣接しており、この船に3人まで乗ることが出来ます。基本的にはこの船を使って脱出しますが、泳いで海を渡る猛者も出てきます。なお泳ぐと1ターンに1歩しか進めなくなります。

次に島が沈みます。標高の低い順に平地、森林、山岳のタイルがあるので、低い場所から先にタイルを取り除いてください。このタイルの裏面には様々な効果が書かれており、即時サメが発生したり、自分の手番の最初にイルカの助けを得られたりします。この効果によってだんだん海の脅威が増えていきます。

そしてダイスを振り、出た生物を移動させます。サメは同じマスの人を食べます。クジラは同じマスの船を壊します。海竜はサメとクジラ2つの効果を併せ持ちます。

これを繰り返し、火山タイルがめくられるとゲーム終了です。

ボードゲームをするにあたって必要になるのはゲームと相手。その他色々いるものはあるでしょうが、とりあえずその2つは絶対です。この2つを同時にまかなおうとした時、お手軽なのがプレイスペースに行くこと。


ということで私が普段お世話になっているプレイスペースについて紹介していきます。



ディスカバリーゲームズ」様です。2014年9月頃に大阪市の出戸にてオープンされました。2015年8月には店舗を鶴橋に移転し、交通アクセスが非常に便利になりました。お店へのアクセスは こちら

地下鉄千日前線 鶴橋駅から徒歩3分近鉄鶴橋駅からは徒歩5分といったところでしょうか。


地下鉄上がって一番近い出口がこちら、①番出口。
image



さらに地下鉄長堀鶴見緑地線玉造からでも10分で行ける立地。

image



玉造からはまっすぐ行ってもいいけど…


image


雨の日なんかは日の出通り商店街を通ってきてもOK!
商店街抜けたら一本右の通りにでるともうすぐそこです。


というわけで到着しました。
ディスカバリーゲームズ。
image


こちら「コスモ味原ビル」の4階になります。



image

看板も出ていますね。

8時以降はビルの入り口自動ドアが閉まるので、電話で呼び出したら開けてもらえます。

お店の営業については
定休日 毎週月曜(月曜が祝日の場合は営業)営業時間 
平日    15:00〜23:00
土・日・祝 12:00~23:00
となっています。
(2015年9月23日現在)

さっそくエレベーターで4階へ向かうと…



image

・・・間違えたかもしんない。

いえ、あってます。強烈なインパクトの看板ですが合ってます。店名も「ディスカ『ヴァ』リー」ではありますが書いています。

さあ、中に入りましょう




image

・・・やっぱり間違えたかもしんない。

ってなりそうなくらい、このお店、壁の半分はずらっとマンガで埋まっています。これだけあればゲーム以外でも十分楽しめる感じです。いちおう販売物でもあるそうです。


では反対側の壁に向き直りましょう。

image


そうそうこれです。こっち側の壁にはぎっしりとゲームが詰まっています。これは8月の移転当初に撮影しましたが、9月23日現在、その数はさらに増えています。おそらく600ほどはあるのではないかと思われます。

ちなみに・・・けっこうレアなゲームも置いてあります。


image


その隣、販売スペースがあります。移転時にはセールをしていました。新品、中古ともに取り扱いがあり、買い取りもやってくれます。


またボードゲームだけでなくTRPGやマジック・ザ・ギャザリングも楽しめるお店になっており

image


こんな感じで

関連の書籍もたくさんあります。お店に頼めばプレイヤーの募集をしてくれたり、準備期間があれば店長さんがマスターをしてくれるので、TRPGやってみたいけど初心者で良く分からない、という方は友達何人か集めてマスターやってもらうというのもいいかもしれません。

image


こっちはギャザリングそして下の方にウヴェ・ローゼンベルク会などはってありますが、このお店のすごいところ・・・。


しょっちゅうゲーム会を開いている!

これはお客さんからやりたいゲームの希望があらかじめ出されている場合、日程を決めてゲーム会としてプレイヤーの募集をしてくれるため、こんな感じになっています。
このシルバーウィークも毎日のように何かの会があるようです。もちろん会には混ざらず他のゲームをすることも可能。ちなみにローゼンベルク会は私が希望して、月1くらいで開いてもらってます。


んでんでこちら

image


プレイスペースには珍しく飲食可!

お店の中にもお菓子やジュースがあるし、持ち込みも可!!しかも場所は鶴橋!!おいしいものが近くに売ってそうな雰囲気がします。
ビルの向かいがコンビニなので、物資の調達も便利です。



そしてこちらがディスカバリーゲームズをとりしきる・・・

image



こつぶくんです!!
ハムスターです!!
一緒にゲームもできます!!
嘘です、できません!!

でもよくばりハムスターとか、ハムスターロールとかってゲームはあるので、ハムスターと遊んでる気分は味わえます。

この画像はあんまり上手く撮れませんでしたが、営業日にはお店のツイッターにほぼ毎日こつぶくんの画像がアップされます。ぜひご覧ください。

それから個人的にうれしい所、トイレが快適。
男女別の洋式、ウォッシュレット付き。
長い時間いるので、トイレ汚いところだとちょっとなー、という、完全に個人な好みも含め、気に入っています。



さて、ではここでお店の特徴をひとつ。
こちらのお店は店長の手が空いていれば、直接ゲームに入ったり、説明をしたりしてくれます。
この説明が非常に分かりやすい。豊富な知識と経験に基づいた説明は、全くボードゲームをしたことがない人でもすんなり入り込めてしまいます。また、何がいいか分からないという方でも、おススメを選んでくれるので、ボードゲームの紹介に大変重宝しているのです。


ちなみに私は説明下手なのであんまり紹介には向いていません・・・。



そして「買ったはいいけどルール分かりにくいし人集まらないしで積みゲー」を繰り返している方に朗報。




積みゲーを持っていく→預ける→店長にルールを読んでおいてもらう→都合のいい日程でプレイヤーの募集もしてもらう→当日ルール説明をしてもらい、レッツプレイ



こんなことがこのお店では可能です。もう至れり尽くせりです。満足するまでお店に預けて行く度遊んで、十分楽しんだら売っても良し。そして新しいゲームを買う。

これはもう泥沼ですね・・・。



さて、こんなにサービスが充実したこちらのお店、行ってみたいけど…お高いんでしょう?と心配な方、安心してください。


お値段なんと


平日  1時間150円 フリータイム600円
土日祝 1時間200円 フリータイム800円


これは大阪市のプレイスペースの相場の半額くらいな印象ですねー。
(移転キャンペーン中のため最新の料金はこちらをご確認ください。)
しかも今ならお得なパスも販売中。
image




ボードゲーム始めたい方も、ボードゲーム極めたい方も、ボードゲーム作りたい方も、ぜひご利用ください。

↑このページのトップヘ