image
AGRICOLA
アグリコラ

デザイナー:ウヴェ・ローゼンベルク
人数:2-5
プレイ時間:30分×人数
メカニクス:ワーカープレイスメント
ルール読解:難しい
インスト30分程度
言語依存:強い

概要
ローゼンベルクの収穫3部作の1つで、世界的にも人気の高いゲームの一つ。2008年のドイツゲーム賞で1位になっている。169の職業と139の小さな進歩の内、自分が使うカードは7枚ずつなので、やる度に違うプレイスタイルになりリプレイ性が非常に高い。何度も繰り返し遊び、極めようとする人々も多く、「プロ農夫」と呼ばれている。マイナス点を無くすためには全ての要素をひとつは備えていないといけない。そのため何かに特化した戦法でも最終的な盤面は似た農場が完成することも多いが、作っていく過程は様々であり、箱庭の楽しさを満喫できるゲームである。日本未発売のものを含め、拡張セットや追加デッキも多く存在し、全てを手に入れ「フルリコラ」を完成させることが筆者の目標である。(なおいくらカード追加しても使うのは7枚×2セット)

ゲームの終わりと勝敗
全員が手持ちのワーカーを全て配置したら1ラウンドが終了。全14ラウンドを行いゲーム終了。畑や牧場、家畜、農作物等の要素を所有数に応じて得点化し、その他追加点等も含めて最も点数の高いプレイヤーの勝利。

ルール
木造の部屋とワーカー2つずつ、小さい進歩と職業7枚ずつ、手番に応じた食料を受け取りスタートする。ゲーム最初から存在するアクションスペースに加え、ラウンドごとに1つずつ新しいアクションが公開され、それらのスペースの中から1つを選びワーカーを配置する。配置したら即座にスペースの効果を得て次の人の手番となる。基本的には他の人がいるスペースに入ることはできない。全員のワーカーが無くなるまでこれを繰り返す。また決まったタイミングで「収穫」があり、農作物の収穫とワーカー数に応じた食料の供給、家畜の繁殖が行われる。家を拡張し、ワーカーを増やす等しながら農場を豊かにしていく。

image


AGE of CRAFT~大建築時代~
エイジオブクラフト~大建築時代~

デザイナー:北条 投了(芸無工房)
人数:2~4人
プレイ時間:40~60分
メカニクス:ダイスロール
      拡大再生産
ルール読解:簡単
インスト10分程度
言語依存:あり(国産ゲームなので問題なし)

概要
関西を拠点に良質なゲームを製作し続ける「チキンダイスゲームズ」が2014年に発表した。「ダイスロール」後に、それらを「ドラフト」し、出目に応じてサプライ「購入」。サプライの効果によって「拡大再生産」が進む。他プレイヤーと「交渉」し、ダイス1つで複数のダイスが手に入ることもあるが、持ちすぎると、「バースト」することもある。
これらの要素が良いバランスで、サプライも効果を組み合わせることで相乗効果が出たりと非常に楽しい。トップと差がついているほど効果が高まる切り札も存在し、最終的に「いい勝負」で終わることが多い。「もうちょっとだった」感や、サプライの種類が豊富なことによりリプレイ性が高い。説明書に指針や初プレイ時のオススメサプライも記されており、ゲーム時間も冗長になりすぎないバランスなので、人に紹介しやすいゲームと言える。

ゲームの終わりと勝敗
サプライには点数が付いており、誰か一人のプレイヤーの点数が20点以上になったとき、もしくはサプライの大商館のカードが全て無くなった時点でゲーム終了となり、合計点の最も多いプレイヤーが勝者となる。

ルール
基本サプライ6種と、ランダムサプライから7種を選び、計13種類のサプライを用意する。初期サプライとダイス3個を受け取り、そのダイスを振る。最も大きい出目のプレイヤーから手番を始める。3個のダイスは出目を変えること無く、自分のダイス置き場に置き、初期資源とする。ダイスの交換を行い、全員が行ったらゲーム開始。手番が来たらストックから3個のダイスを受け取り振る。それらをダイストレイに置く。各プレイヤーは手持ちのダイス個数が、ダイストレイの出目の合計を上回ってしまうとバーストとなり、ペナルティを受ける。その後ダイストレイのダイスを順番に1つずつ受け取る。トレイにダイスが無くなったら手番プレイヤーは、サプライの購入を行える。必要な出目のダイスをコストとして支払い、サプライを受け取り手番が移る。これを繰り返し、得点を増やしていく。

image


Asara
アサラ

デザイナー:ヴォルフガング・クラマー
      ミヒャエル・キースリング
人数:2-4人
プレイ時間:90分
メカニクス:ワーカープレイスメント
ルール読解:普通
インスト15分程度
言語依存:なし

概要
ワーカープレイスメントをはじめ、色々なシステムを上手くかみ合わせた塔作りゲーム。「放課後さいころ倶楽部」作者中道氏が一番のお気に入りに選んだ。塔の得点方法はマンハッタンに似ており、こっちも立体を作るのかと思いきや、平面のタイルで塔作り。
バランスがよくとれたシステムで、長すぎず短すぎずのプレイ時間、ボードゲーム初心者から「大箱のちょっと長めのゲームやってみたい」くらいまで来たときにおススメしたいゲーム。なおプレイヤーは金持ちの建築王という設定で名前までついている。金持ちだから何もしてなくても毎年(毎ターン)20金もらえる。で、ばんばん使いきる。俺も働かず定期収入欲しいと思わせるゲームの一つ。

ゲームの終わりと勝敗
4年間(4ターン)の行動と決算を全員が終えるとゲーム終了。最終決算を行い、最も点数の高い人間が勝利となる。

ルール
ボードにはそれぞれのエリア毎に塔の先端や土台といったパーツ購入アクションのエリアや、資金獲得アクションを行うエリアが用意されている。プレイヤーはプレイ人数に応じた買い手カードを受け取る。自分の手番が来たら、行いたいアクションエリアの買い手置き場に自分の手札から買い手を送り込む。この時、そのエリアの始めの1枚には何も制限がかからないが、2枚目以降は原則1枚目と同じ色の買い手しか置けなくなる。(買い手は5色ある)同じ色で無くても出すには2枚の買い手を送り込まなければならず、手数を少なくしてしまう。買い手を送り込んだらそのエリアに対応したアクションを行い、手番終了。これを繰り返していき、全てのプレイヤーが全ての買い手カードを送り込んだら1年が終了し、決算を行う。ゲーム終了までこれを4年分繰り返す。その後最終決算を行う。毎年の決算では塔の数や装飾品の有無で点数に、最終決算では5色ある塔について、それぞれの色でより高い塔、色は関係なく最も高い塔等に点数が与えられる。

↑このページのトップヘ