image


あてずっぽ殺人事件「はずしたら追放よ♡」

デザイナー:田上 雄一(TAGAMI GAMES)
人数:3〜8人
プレイ時間:15分
メカニクス:推理
ルール読解:簡単
インスト5分程度
言語依存:あり(国産ゲームなので問題なし)

概要
「クルード」「スルース」等のような伏せられたカードをだんだん明らかになっていく場の情報をヒントに推理するタイプのゲームである。このあてずっぽ殺人事件はそれらの推理ものゲームを非常にコンパクトにしたものと言える。そもそもゲームそのもののサイズがコンパクト。マッチ箱ちょっと分厚くした程度のサイズ。そしてパッケージのイラストは全7種類。シークレット混ぜてガチャガチャにして全種類コンプリートを目指せ!ってできそう(シークレットはありません)。なので持ち運びも楽々、手軽なので非常に使い勝手のいいゲーム。推理ものゲームはメモを取ることが多いが、このゲームに関してはメモを取らなくても覚えてられるぐらいに最低限の要素まで絞っている。ゲームには7人の被害者候補及び容疑者が存在し、フレーバー的に一言セリフが記載されているが、みんながみんなイラストとセリフ一言だけで「あっ、この人だめな人だ」と思わせるだけの魅力?を持っている。

ゲームの終わりと勝敗
犯人を予想できたら、自分の手番の時に推理を行う。容疑者を1名指名し、伏せられたカードを確認する。推理が当たっていればゲーム終了で、推理したプレイヤーの勝利となる。

ルール
7種の人物カードが2枚ずつ入った山札を作り、1枚を表で場に公開し、被害者とする。1枚を裏向きに伏せておき、犯人とする。プレイ人数に応じて山札に探偵カードを足し、よく混ぜた上で各プレイヤーに均等に配りきる。手番の人間は

1.右隣の人と1枚手札を交換する。

2.手札から1枚を場に出し、カードに書かれた効果を発動する。

3.犯人を推理する。

これらのうち一つを行う。犯人を推理した場合、外れていれば自分の手札を公開してゲームから脱落となる。


image
Istanbul
イスタンブール

デザイナー:リュドガー・ドーン
人数:2-5人
プレイ時間:40-60分
メカニクス:ピック&デリバリー
ルール読解:普通
インスト 15分程度
言語依存:無し

概要
2014年ドイツ年間ボードゲーム大賞エキスパート部門を受賞したゲーム。ルールはやや複雑だが、エキスパートといいながらもやること自体は複雑では無く、時間もそれほどかからないのでとっつきやすいゲームである。この作者の特徴である「ドーン歩き」の要素も、弟子を配置するという部分で入っている。このアクションをしたいのにここに1度止まらないと届かなくて、というようなままならない感覚、数ターン先を見越して行動するプレイ感を味わうのによい。このあたりの感覚はワーカープレイスメントやロンデルに近い物があるような印象。ボードはタイルを組み合わせるので、毎回違ったパターンが楽しめるため何度も遊ぶことが出来る。箱絵が渋いオッサンのゲームは当たりという法則にきちんと収まった作品。単位は「リラ」なので、しょっちゅう「ゴリラ」という単語が飛び出す。

ゲームの終わりと勝敗
宝石を5つ(2人ゲームでは6つ)獲得したプレイヤーが出たら、まだその周回の手番が回っていないプレイヤーが手番を行い、全員が同回数の手番を行ったらゲーム終了。最もルビーを獲得したプレイヤーの勝利。

ルール
助手コマ4つの上に自分のコマを乗せ、タイル上に配置。自分の手番には4×4の16のタイル上を2タイルまで移動でき、移動した先に助手を残すか、移動先に助手が残っていればそれを回収することで、タイルの効果を得られる。移動した先のタイルに他のプレイヤーがいれば(他のプレイヤーの助手コマのみなら問題なし)そのプレイヤーに2金支払う必要がある。商品を仕入れたり荷車を拡張したり商品を売ったり特殊能力のカードを得たりしながら最終目標であるルビーを集めていく。ルビーは基本的にお金で買うか、商品と交換して得ることが出来る。ルビーの獲得は先に行った人ほど安いコストで済む。

image

Splendor
宝石の煌き 

デザイナー:マーク・アンドレ
人数:2-4人
プレイ時間:30分
メカニクス:拡大再生産
ルール読解:簡単
インスト10分程度
言語依存:無し

概要
2014年に発売され、シンプルながらもいい意味で苦しいプレイ感から「洗面器ゲーム」と評され、年間ゲーム大賞にノミネートもされた。大賞は逃したものの非常に人気が高く、特にゲーム初心者にも勧めやすいということで、手軽なプレイ時間も含めてよく遊ばれるゲームである。こうした拡大再生産のゲームは、効果がごちゃごちゃと存在してルールも要素も複雑になりがちだが、可能な限りそれらを削り落として、1枚買うと1個分得するという効果に全てをまとめてしまっている。「システムとして目新しさは無い」「テーマ性を感じない」と言われることもあるが、拡大再生産の核を抜き出して濃縮した結果なので、むしろそこまで要素を抑えた作りにも関わらず多くの人に楽しまれているあたり、複雑にしなくてもゲームは作れることを証明した作品である。

ゲームの終わりと勝敗
宝石に記されている得点と貴族タイルの得点を合わせて15点以上に到達したプレイヤーが現れたら、まだその周回の手番が回っていないプレイヤーが手番を行い、全員が同回数の手番を行ったらゲーム終了。最も点数の高いプレイヤーの勝利。

ルール
人数に応じた規定の宝石チップと貴族タイル、レベル1~3のカードを配置する。手番に出来ることは

1)別種の宝石チップ3個を獲得する 2)同種の宝石チップ2個を獲得する(そのチップが場に4枚以上残っていないといけない) 3)カード1枚をキープし、同時にオールマイティのチップを1枚獲得する(キープは3枚まで) 4)場のカードを書かれているコストを払い獲得する

この4つからいずれかの行動を行い手番終了。カードには宝石が描かれており、獲得すると以降同種のコストが安くなる。チップは10枚しか持てないので、チップとカードを組み合わせて、より高得点のカードを獲得していく。

↑このページのトップヘ